土屋鞄ランドセルは6年間使い続けられる工夫と細部への技術

鞄屋さんが作る本物志向のランドセル

土屋鞄のランドセルは革鞄をつくる職人さんがひとつひとつ丁寧に手づくりしています。

鞄屋さんだけに本物志向、本格的な牛革のランドセルだけをつくっているというイメージを持たれるようですが、クラリーノ(合皮)などのラインナップもそろっています。

鞄屋さんのつくるランドセルですからなんといってもきれいに仕上がるという点でとても人気があります。丈夫で、しかも丁寧なつくり、職人技が光る美しいランドセルです。

小学校でずっと使うために

6年間使い続けられるために必要な技術が細部にまで活かされています。

特にランドセルの角の部分などの仕上げなどはさすがだと言わざるを得ない熟練の技術で美しいだけでなくしっかりと丈夫なランドセルになるのです。

土屋鞄のランドセルには4つの素材から選ぶことができます。牛革、コードバン、クラリーノ、ヌメ革です。厳しいチェックを受けいい状態の部分だけを使用されています。

ヌメ革のランドセルというのは非常に珍しいものです。
傷が付きやすいのですが、その反面使い続けることで味のある色合いを楽しむことができます。

しかも強度があるので大切に使えば一生もののランドセルになるのではないでしょうか。

体を包み込むような作り

土屋鞄のランドセルは背負うことで体にかかる負担を少なくするために背当て、肩ベルトの両方から体を包み込むような作りになっています。

肩や背中に直接当たる部分には通気性やフィット感、やわらかさなどを兼ね備えた素材を使っているので、お子さんがランドセルを背負ったままたくさん動き回っても背負い心地はとても良く、6年間安心して使い続けることができるのです。

もちろん基本機能も充実しています。A4クリアファイルに対応していますし、肩ベルトにはフックが取り付けてあるので、防犯ブザーも手の届く場所に装着可能です。

シンプルで使い心地も良く、飽きのこないデザインと機能は、6年間毎日使い続けるお子様にも大切なランドセルになるでしょう。

ランドセルをつくり続けて47年。土屋鞄のランドセルはとてもシンプルですが、47年という年月で培った技術やこだわり、工夫などがたくさん詰め込まれているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*