素材から金具まで国産にこだわった鞄工房山本のランドセル

本革にこだわった鞄工房山本のランドセル

鞄工房山本では先代工房主の鞄づくりとその技術が受け継がれ、本革にこだわったラドセルづくりが行われています。

鞄工房山本がつくり出すランドセルにはいくつかポイントがあります。
そのひとつは快適にそして安全に6年間使い続けることができるように最高品質の天然素材皮革、そして金具や副資材に至るまですべて国産にこだわって厳選しているということです。

さらに工房内では型入れ、裁断、縫製、加工、そして仕上げに至るまですべて一貫製造体制でこだわりのランドセルをつくっています。

ランドセルは大マチの反りが耐久性にとって大きな問題になりますが、鞄工房山本では大マチ上部に強靭な天然樹脂の心材を使うことで一般的なランドセルよりも11.5㎝幅にであるにもかかわらず6年間ほとんど変わることがない状態で使うことができます。

また、背中部分に硬さの違うウレタンフォームをUカットデザインで配置し衝撃を吸収し背負った時の負担を軽減し、また通気性にも良く快適に使用できます。

さらに肩ベルトも一枚立体裁断により丈夫さ、厚みの異なる2層のクッションを使用することで肩への負担も軽減しています。

軽量化された金具を使用することや重心の工夫でとても軽く感じることができます。

肩などへの負担ですが、正しい姿勢が取れるように肩ベルトの取り付け位地は背板の上部より上にすることで肩・背中への負担が最小限に抑えられます。

また、体型の変化、厚着になった時にも対応できるように肩ベルトが左右へスライドし、身長に合わせて調節できるので6年間安心して使うことができます。

防犯ブザーを取り付けたり反射材もついています。さらに下がり金具の先端がぶつかっても保護素材を使っていることで、衝撃を抑え安全に使うことができるのです。

とても広いマチ幅がありますので、だんだん荷物も増える高学年になっても、問題なく使用することができるのです。見えない部分もとても丁寧に仕立てられているということも大きなポイントの一つです。

鞄工房山本のランドセルはwebサイトやカタログ、展示会などで購入をすることしかできません。

バリエーションも豊富で、定番の黒やシックな色合いのもの、カラフルなものや、またデニム調のランドセルなどもあり、グッドデザイン賞などさまざまなコンクールで受賞しています。

職人技の光るランドセルで大切な6年間を過ごしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*