小学校入学には欠かせないランドセルは良い面と悪い面を持ち合わせています

小学校に入学するお子さんには、ほとんどの方がランドセルを準備、購入すると思います。

実は学校からの指定がない限り、ランドセルは準備しなくてもいいものなのです。
自分の好きなリュックサックや斜めがけバックなどで通学してもいいんですよね。

でも、ランドセルを購入するというのは当たり前になっている現在、ランドセルはなくてはならないものになっています。

ランドセルがあれば登下校時に教科書などを入れて背負って歩くことができる、というのがランドセルのいいところなのでしょうか。

もちろん逆にランドセルの悪い点もいくつかありますね。

ランドセルは重い、大きいと、そんなイメージがありますが、

近年のランドセルにはしっかりと改良され、さらにオシャレになったこと、
背負いやすく負担も少ないということでかなり良質なものになっているのですが、それでも悪い点だと思える部分があります。

最近当たり前のA4クリアファイル対応のランドセルは荷物もスッキリ収納できるので人気がありますし、ほとんどの方がこのA4クリアファイル対応ランドセルを購入していると思います。

ランドセル自体が大きくなったので荷物や教科書の出し入れがとても楽になりましたが、その分ランドセルが大きくなり、ランドセルによっては30~70グラムの重さが増えることになります。

微々たるものですが、お子さんにとって、特に新入学児にとってはそのちょっとの重さでもなれない学校生活の中では負担になってしまうこともあります。

手づくりの高級なランドセルなどはすばらしい品質で長年培ってきた職人技で作り上げられたランドセルというのは人気も高いのです。

鞄屋さんなどが作り上げる老舗のランドセルはすばらしいものであるという反面、やはり高額であるということ、またやはり人気がある手づくりのランドセルは

生産される個数が限られていたりするので手に入らないということがあるのが悪い点だともいえるでしょう。

良いものであっても評価が高いものでも、使っている人には悪い点が見えてくるものです。

妥協しながら使っていくということも大切なことですけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*